しょうしんの日記

Newギター

新しい機材が増えました。



http://www.fender.jp/products/detail.php?pid=1802

 
Fender Mexico Road Worn Player Telecaster
 
 
フェンダーが作る廉価レリック(エイジド)加工テレキャス。
かつ、スペックは色々とモダンな仕様になっている。
 
 
まー、衝動買いだね。
午前にデジマート見て、午後に買いに行く。
 
 
ギター買うときはこんなもんさ。
 
 
 
基本的にテレキャスは黒か木目が見えるナチュラルかBSBが好きで、かつメイプルネック/指板が好きなので
今回のテレキャスはルックスとしてまずGOOD。
エイジド加工は正直どっちでもいい。スペックと弾きやすさが優先。
あくまでおまけ。なくても買ってた。

 
音に関わる部分のスペックについては、
ボディはアルダー。ピース数は不明。おそらく個体差あり。
エイジド加工がされた塗装はラッカー塗装。
この価格のテレキャスでラッカーは意外と無い。
ネックは全体的にモダンな仕様になっている。

 
ネック裏のエイジドはちょっとわざとらしすぎるかなと思う。
 
PUはリアがTexで少し出力高めなモデル。
フロントはダンカンPAFコピー載ってるらしい。
ブリッジが6Wayでオクターブチューニングがしっかりできる点も現代的。
ピックガードやブリッジ周辺のパーツ類もエイジド加工がされている。


 
 
とりあえず、買った決め手としては
1、PUがTex
出力高めのTexPUは単体で買って載せ変えようと思うレベルで欲しかった。
2,ネック塗装
Japanの52-TXがもともと欲しかったんだけど、試奏したらネックの塗装が案外しっくり来なかったので迷っていたが、今回のネックはテカテカしてなくて良い感じだった。
3,見た目
黒ボディに黒ピックガードはGJとしか言い様がない。
4,PU構成
光収容さんの旧テレキャスにあこがれてJapanのTL52-SPLが欲しかった時期もあったからこれはこれですごくいい。
5,値段
新品特価でTL52-TXよりも安かった!これは決め手。
 
 
 
概ね満足なギターですが、いくつか難点を上げるとすれば
1,エイジドが適当
 ネック裏はやりすぎじゃねこれ。
2,アウトプットジャック
 俺はヴィンテージ風の丸よりネジでつけるタイプのほうが安心感ある。
3,ネックのスペック
 もう少しRキツ目のほうが個人的には好きだ。
 
 
くらいかなぁ。
 
弾いたサウンドとしては、「これがテレキャスのサウンドか!」って感じに前のテレキャス(Japan STD)と違う。
フロントハムも気にならないというかむしろ良い感じだと俺は思います。
ネックもテカテカしてるよりも個人的には握りやすくて弾きやすい。
 
まだバンドで使っていないどころかアンプシミュでしか鳴らしてないけど、
こいつはおそらく良い。良い感じだよ。
 
リアPUが見事にボディの鳴りを拾うので、今回はシャーラーのストラップロックとかは使わずに、ゴムタイプのストラップ留めをつかっている。
ロックピンの最大の欠点はカチャカチャ鳴ることだよね。
 

おそらくもうギターは買わない。買ったとしても遊び用。
真面目に演奏するときはコイツか前回買ったハムテレになると思う。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

CyberChimps