テレキャスのフロントPU周りの改善。

ピックガードを替えた際に、ボディ直付けとなった僕のテレキャスのフロントPU。
しかし、出来る限りネジを伸ばしても程よい高さに達しない、低すぎるという不具合を長い間放置してきた。

このままではまずいと思い、思い立ったのでさくさく修正することにしました。

まずは、木工用ボンドとか買いに行こうと思って
Doityourself 略して DOIT に行ってきた。

で、いつもの黄色い入れ物のの木工用ボンド買おうと思ったら、その隣の隣に怪しげなパッケージのボンドが。
タイトボンド

タイトボンドです。あの大手ギターメーカーも使うというあのタイトボンドです。
みつけたら買っちゃうよね!

というわけで作業開始。

結構まじめに改造したのでPUから出る線も2本だけではなく、カバーアースを含めた3本を三つ編みにしてあります。
地味なノイズ対策。地味だけどこういうの重要。

とりあえずPUを外したら、コレ安いモデルだから、PUキャビティ内も塗装が塗られてた……
このままでは埋め込む予定の木材が上手く付かないため。急遽塗装を削ることに。

削ります。削りました。

で、そこら辺にあった端材を使って、埋め込む中敷きを作成。

高さが上手く合わなくて溝掘ったりしました。あとちょっと割れたり怖かった。

で、

タイトボンドをきっちり塗ってあげて。

圧着!クランプさんマジ便利。
このまま放置すること1h。


なんとかできた……

これで程よい高さにフロントPUが調節できたので、ハーフトーンもきっといい音がなることだろう。(願望

とりあえず今日はこんな作業した。色々作業してこのテレキャスにも愛着湧いたし

そろそろこのテレキャス使うようなバンド組みたいw

CyberChimps